Entry: main  << >>
世界最古のジッパーに出会う旅Д汽鵐疋丱奪・コレクションとご対面編
0

    あお太です。1995年のジッパー・リサーチの旅最終回。ミードヴィル2日目です。午後になって、ヒストリカル・ソサエティ(Crawford County Historical Society)を訪ねました。








    ここでは地元のシニアの方が常駐していて、気軽に相談にのってくれました。






    何をどうしていいかわからなかったので、まずは目録。






    タロンの項にある資料をどんどん出してもらうことにしました。当時はパソコンで検索なんて夢のまた夢(今もそうだったりして・・・)。古いジッパーの現物も見せてもらいたかったのですが、「整理がついてないから人に見せられるような状態じゃない」とすげなく断られました(これは2010年にリベ〜ンジ! ついに見せてもらうことができました)。









    いやホント、文字通り、「整理がついてない」のです。このブログ記事で何度か出てきたタロンの「黒い本」に書かれていることは、写真キャプションの一部を除いて、本当に貴重な資料なのですが、その草稿と思われる手書き原稿まで見つかりました。ただそれを、キュレーターの人たちが理解していたかというと、ちょっと疑問・・・なのが残念なところ。









    そんなこんなで・・・1時間ほど経った頃でしょうか・・・。新聞記事を繰っていたら、あ・・・っ、れ〜〜???


    あお太が新聞記事を見つけたミードヴィルのヒストリカル・ソサエティ。お世話になったpresident(理事長みたいな?)のBethさんは、もとタロン社の役員。製品への想い入れも知識もスゴイ。









    モノクロの写真に写っているメタリックなもの。こ、れ、は・・・







    Judson's original fastener.........  Judson's "C-curity".........  "Plako" ... といった、見覚えのあるキーワードが目に飛び込んできます。







    Sundback colleciton ... display... Sundback Library in the Carr Hall... 









    Sundback collecitonってなんだ??????









    Carr Hall って
    どこだ〜!!!!!!????










    見出しには、Zipper-maker's family donates unique collection of items to Allegheny College ジッパー製造業者の遺族が、オリジナルコレクションをアレゲニー大学に寄贈〜


    そばで一緒に調べものをしていた学生さんに、あわあわして写真を見せると、「ああ、アレゲニー大学だね。ここからすぐだよ」とのこと。








    え、一般人でも入れるの? ぎゃお〜!! それ〜っ!!!!








    外国のキャンパスは、街のあちこちに点在しているのがフツウなので、さらにいろんな人に道を聞いて、ついにカールホール内の図書館にたどりつきました。


    これはCarr Hall ではないですが、キャンパス内のこうした棟ひとつひとつが "hall"です 








    そこに・・・ありました・・・。








    電気もついていない、誰も来なくなった場末の飲み屋みたいに、見捨てられ感満載のガラスケースの中に・・・まさかの、ジャドソンのファスナーが。正真正銘、世界最古のジッパーが。








    コーフンと同時に、リサーチャーな自分は、「キャプション、違ってるし! きっとタロンの「黒い本」を参照しちゃったんだろうなあ〜」って冷静に突っ込んでましたが(・∀・)







    ではでは〜。

    あ、ちなみに次回も『ジャドソンのファスナー』の写真は出ませんのであしからず〜。撮影の契約上、『ZIPPER GEAR』以外のメディアに掲載することは許されてないのです。さらに、現時点でカールホールにサンドバック・コレクションがあるかどうかは不明です。



    =========================

    『ZIPPER GEAR

     
    | あお太 | 22:22 | - | - | - |